ピオリ、過密日程でも「気持ちとインテンシティに不足はなかった」。トリノ戦勝利に満足

ミラン

ミランは12日のコッパ・イタリアでトリノと対戦し、PK戦の末にベスト8進出を決めた。ステファノ・ピオリ監督が試合後、『ミランTV』でコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

「内容に満足しないわけにはいかない。9日間で4試合目だ。それでも気持ちとインテンシティに不足はなかった。90分で決められなかったのは残念だ。我々はクオリティを示した。PKで5人全員決めたもの偶然じゃないね」

「我々は自分たちのクオリティに自信を持っている。試合中も常にポジティブだ。試合にとどまるというのは、集中して、信じることを意味する。試合というのは難しく、複雑なものだ」

緊迫した中で延長戦でジャコモ・オルツェルがトップデビューを飾っている。

「我々のユースセクターは質が高い。我々はミランであり、そうでなければいけない。チャンスがあれば若手に頼る準備があるのは良いことだ」