5/20 アパレル第2弾!

キエーザ失ったユヴェントス、イラン代表アズムンに照準か

目次

メルカートの方針を大幅変更

ユヴェントスは、メルカートの動きを大きく変えたかもしれない。『スカイ』が10日に伝えた。

9日のローマ戦で負傷したフェデリコ・キエーザは、左ひざの前十字じん帯の問題で今季中の復帰が絶望となった。そのため、ユヴェントスは方針を変換したとみられる。

●ユヴェントスがキエーザの負傷を発表

『スカイ』によると、その最優先がゼニトのサルダル・アズムンだ。昨年夏にローマ行きの噂もあったイラン代表FWは、現行契約が残り半年。ユヴェントスとしては大金をかけずに引き抜けるチャンスがある。

ただ、ゼニトはまだアズムン放出の準備ができておらず、まずはその代役が見つかってからということになるとみられる。

中盤はブルーノ・ギマランイス?

ユヴェントスは中盤の補強も諦めていない。『スカイ』はリヨンのブルーノ・ギマランイスに強い関心があるとのことだ。ただし、中盤の選手を放出先が決まらないうちは動かないと言われている。

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる