ラウタロ・マルティネス、契約延長へ。新代理人決定の影響はなし

インテル

インテルのラウタロ・マルティネスの新しい代理人が決まった。FootFeelというエージェンシーが19日に正式発表している。

新たな代理人を探していたラウタロ・マルティネスには、多くの代理人からアプローチがあったと言われている。そんな中でこの代理店が選ばれた形だ。

このエージェンシーは、アレハンドロ・カマーニョ氏の所属先。つまり、アクラフ・ハキミとラウタロ・マルティネスは同じ代理人が担当することになっている。

これを受けて『コッリエレ・デッロ・スポルト』はラウタロ・マルティネスの契約延長について記した。ラウタロ・マルティネスはすでに契約延長が大筋で合意に達していたが、代理人が新しくなったことによる影響はない模様。年俸450万ユーロ+ボーナスという条件のまま進んでいくものとみられている。

代理人不在でも契約延長問題なしと言われていたラウタロ・マルティネス
2人の代理人との関係を断った経緯は…