ラウタロ・マルティネス、代理人不在も予定どおり契約延長へ? 代理人探しも活発化

インテル

インテルのラウタロ・マルティネスが、新契約に近づいているようだ。同時に、新たな代理人探しもこれから進んでいくという。『FcInternews』が10日に伝えた。

ラウタロ・マルティネスは先日、長く付き合いのあった代理人2人との関係を断った。

インテルとの契約延長を目前にしていたラウタロ・マルティネスは、4月下旬にサインを行う予定となっていた。代理人が不在となったことで影響があるとみられたものの、選手本人に残留の意思があり、取引は最終段階だったため、予定どおりに進むようだ。年俸500万ユーロで2024年までの契約書にサインをする見込みと言われている。

一方で、代理人探しも進んでいる様子。今回の契約延長には問題がないとしても、将来を考えると代理人の存在は不可欠だ。

すでにイタリア国内で多くの代理人がアプローチをかけているほか、国外からもビッグネームが動いているという。特にマルセロ・シモニアンやアレハンドロ・カマーニョ、ジョルジュ・メンデスといった名前が浮上。カマーニョはアクラフ・ハキミの代理人で、ラウタロ・マルティネスとハキミはとても良い関係を築いていることから、話が動くかもしれない。

とはいえ、まずはインテルとの契約延長。新しい代理人については、目の前の状況が整理してからとなりそうだ。