カッサーノがうっかり。ロナウドは出場停止のリスクがなかった模様

ユヴェントス

 アントニオ・カッサーノの発言には事実ではない部分があったようだ。『TuttoJuve』が伝えている。

ロナウドは2年間の出場停止になったかも? カッサーノ「帰ったのはまずかった」
 元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが、『メディアセット』の番組でユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。  ロナウドは10日に行われたミラン戦で55分に交代を命じられると、ベンチに戻らず、そのままロッ...

 ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドは10日、ミラン戦で55分に交代を命じられると、試合終了を待たずに帰宅。クラブは問題としていないが、仲間への敬意を欠いた行為だといった指摘が相次いでいる。

 そんな中、カッサーノは『メディアセット』の番組内でアンチドーピング検査の対象となっていたら、2年間の出場停止になったかもしれないと発言。ロナウドは帰るべきではなかったと主張した。

 ただ、報道によると、アンチドーピング検査の対象者を選び方は数年前に変更となった。これまでは試合終了後に無作為に選出される形だったが、現在は試合開始直前に明らかになるシステムとのこと。そのため、ロナウドは自身が検査の対象にならないことを知っていたはずだと伝えられている。

【ユヴェントス対ミラン】ロナウド不振もディバラが途中出場で決勝弾。ミラン下したユヴェントスが首位キープ【選手採点・コメントetc.】
ユヴェントス 1-0 ミラン 【セリエA第12節@アリアンツ・スタジアム】 77分 1-0 ディバラ(ユヴェントス) ▼先発メンバー ▼採点(『TuttoJuve, MilanNews』) 【ユヴェントス】 GK シュ...