ロナウドは2年間の出場停止になったかも? カッサーノ「帰ったのはまずかった」

ユヴェントス

 元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが、『メディアセット』の番組でユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。

【ユヴェントス対ミラン】ロナウド不振もディバラが途中出場で決勝弾。ミラン下したユヴェントスが首位キープ【選手採点・コメントetc.】
ユヴェントス 1-0 ミラン 【セリエA第12節@アリアンツ・スタジアム】 77分 1-0 ディバラ(ユヴェントス) ▼先発メンバー ▼採点(『TuttoJuve, MilanNews』) 【ユヴェントス】 GK シュ...

 ロナウドは10日に行われたミラン戦で55分に交代を命じられると、ベンチに戻らず、そのままロッカーに引きあげた。さらに、試合終了3分前にはスタジアムをあとにしたことが確認されており、大きな騒動となっている。

 カッサーノは「自分にも経験がある。12年前のローマ対ラツィオだ。カペッロに交代を言い渡され、家に帰った。でも引き返さなければいけなかったんだ。アンチドーピング検査に受けることになったら、2年間の出場停止になってしまうからだ」とコメント。「帰ったのはまずかったね。試合が終わったらドーピング検査がある。もっと複雑な事態になっていたかもしれないよ」と語っている。

タイトルとURLをコピーしました