ユヴェントス、アリアンツと2030年まで新契約。約120億円の増収

ユヴェントス

 ユヴェントスは12日、アリアンツと2030年までの新契約を交わしたことを発表した。

メッシの到着に期待するイタリア。ブライダはミランを推すも「あり得るのはユーヴェとインテルだけ」。カンナヴァーロの意見は…
 バルセロナのFWリオネル・メッシはイタリアにやってくる可能性があるのだろうか。アリエド・ブライダ氏やファビオ・カンナヴァーロ氏が自身の意見を語った。  かつてミランのスポーツディレクターを務めたブライダ氏は、その後バルセロナ...

 これにより、「アリアンツ・スタジアム」は2023年7月から2030年6月も「アリアンツ・スタジアム」で在り続ける。また、女子チームのスポンサーにもなった。

 今回の契約による変化は、13日の夜から目に見える形で明らかになるとのこと。この契約でトレーニングキットの提供も決まっており、コッパ・イタリア準決勝ファーストレグのミラン戦のアップ時から、トレーニングウェアにアリアンツのロゴが加わるそうだ。

 この新契約で、ユヴェントスは新たに1億310万ユーロ(約120億円)の収益を得る。

サッリ、郵便局も怒らせる。会見での発言に反論
 ユヴェントスのマウリツィオ・サッリ監督の発言に、イタリアの郵便局が不快感を示した。12日、『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが取り上げている。  ユヴェントスで苦しい立場にあるサッリ監督は、12日に会見を行った際、「試され...
ユヴェントスのオルソリーニ獲得は苦戦必至か。「買い戻しオプションはない。移籍金は最低で7000万ユーロ」とボローニャSD
 ボローニャはFWリッカルド・オルソリーニの放出を考えていないようだ。ワルテル・サバティーニSDの『Etv』に対するコメントを『トゥットスポルト』が伝えている。  現在23歳のオルソリーニは、かつてユヴェントスに所属していた有...
タイトルとURLをコピーしました