【インテル対ナポリ】勝ち点1リードで最終節アラタンタと直接対決【セリエA第37節】

インテル

先発メンバー

採点速報(『FcInterNews』)

GK
ハンダノビッチ 6.5
DF
ダンブロージオ 7
デ・フライ 6.5
バストーニ 6.5
MF
カンドレーヴァ 5.5
(→60分 ゴディン 6)
バレッラ 6
ブロゾビッチ 6
ビラーギ 6
(→79分 ヤング ー)
ボルハ・バレロ 6.5
(→89分 エリクセン ー)
FW
ルカク 6
(→89分 モーゼス ー)
サンチェス 6
(→60分 ラウタロ 7)

主要3紙採点

試合後コメント

アントニオ・コンテ監督

サミル・ハンダノビッチ

ラウタロ・マルティネス

ボルハ・バレロ

ハイライト動画(セリエA公式YouTube)

Inter 2-0 Napoli | Inter move back into second place on the table | Serie A TIM

マメ知識

  • インテルは3試合連続のクリーンシートが昨年9月以来。
  • ラウタロ・マルティネスはエリア外からのゴールが今季カンピオナートで4回目。これは2008/09シーズンのイブラヒモビッチ(6ゴール)以来。
  • ナポリは直近6回のサン・シーロのゲームで5回はゴールを決めていない。(ミラン戦含む)
  • インテルはこの試合で8本のシュートを試みたが、全て異なる選手。
  • ラウタロは前半戦のナポリ戦でもゴールを挙げた。前半戦と後半戦、両方で得点をした相手は、カリアリ、トリノに次いで3チーム目。
  • ビラーギは今季カンピオナート6アシスト目。DF登録の選手でこれを上回るのはゴセンスの8のみ。
  • 今季カンピオナートで最初の15分の得点はインテルが9。これはラツィオと並んでトップ。
  • カンドレーヴァはインテルで全コンペティション合わせて150試合出場達成。ボルハ・バレロはインテル100試合。ナポリのメレトは50試合出場。
タイトルとURLをコピーしました