5/20 アパレル第2弾!

マルディーニ「プレッシャーはあるが、コントロールしてみせる」

目次

ヴェローナ撃破で選手を称賛

ミランは8日のセリエA第36節でエラス・ヴェローナと対戦し、3−1の勝利を収めた。ディレクターのパオロ・マルディーニが試合後、『ミランTV』でコメントを残している。

ミランは残り2試合で勝ち点4以上を獲得すれば、インテルの結果に関係なくスクデットを手にする。マルディーニは悲願のときを待ちわびながらも、最後まで冷静さを維持するつもりだ。

「我々の周りは熱気でいっぱいだ。なんとか落ち着きを与えるように試みなければいけない。ラツィオ戦とは異なり、良いスタートが切れた。最初の20〜25分で主導権を握り、リードを奪うチャンスもあったが、不運なオフサイドで認められなかったね。それから失点をしてしまった」

「チームに正しい反応を示す成熟度がなければ、このままやられてしまうこともある。だからこそ、選手たちを称えたい。途中出場で入った選手を含めて、みんなとてもよくやった」

「目標まであと2試合だ。そういった意味で近い。だが、簡単なことかと言われればノーだ。この試合も簡単じゃなかった。アタランタの今日の試合も見たが、まだまだ生きている。まだヨーロッパの舞台を目指して戦っているね。そして、非常にハイレベルな選手がそろっている。だが、サン・シーロでの試合だ。スタジアムは間違いなく満員になるだろう。当然、大きなプレッシャーがかかる。だが、我々はそれをコントロールしてみせるよ」

エラス・ヴェローナ対ミラン:ハイライト動画

●ミランとインテル、残り2試合の対戦相手は?

あわせて読みたい
【アパレル第一弾】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル始めました よろしくお願いいたします!】  カルチョイズムでアパレルを始めることになりました。その第一弾として、カットソーが誕生したので、詳しく説明...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる