ミラン、放出リストの現状:ラファエル・レオンは金額次第。カルダーラは合宿でチェック?

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランの放出候補の現状を『MilanNews』が伝えている。

GKマイク・メニャンとDFフィカヨ・トモリの獲得を決めたミランだが、今後の補強は誰を手放すかによっても大きく変わってくる。

スポンサーリンク

ラファエル・レオン

ミランはラファエル・レオンの才能を高く評価しているが、売却不可とは位置づけず。2500万~3000万ユーロのオファーがあれば検討か。イングランド、ドイツ、フランスのクラブが興味?

イェンス・ペッター・ハウゲ

昨年ボデ/グリムトから400万ユーロで獲得したハウゲは、ミラン1年目で出番が少なかった。フランクフルトやヴォルフスブルクなどが強い関心。ミランの評価額は1500万ユーロ。

昨季はEL登録リストを外れたハウゲ

アンドレア・コンティ

パルマへの半年間のレンタルを終えて、ミランでキャリアを続ける可能性は低い。ジェノア、サンプドリアが関心か。

「14番」にはこんなジンクスも…

マッティア・カルダーラ

アタランタへの1年半のレンタルが終了。アタランタは完全移籍オプションを行使しなかったため、ミランに戻ってきた。イタリア国外からも関心があるものの、ミランは同選手の状態を確認したい考え。まずはプレシーズンキャンプで様子を見て、それからの決断が濃厚。

カルダーラはアタランタで不発

トンマーゾ・ポベガ

スペツィアで充実のレンタル生活を過ごしたあと、アタランタが獲得に強い興味を持っている。ミランの評価額は1500万ユーロ。

アタランタ行きが噂に

サム・カスティジェホ

スペインから複数クラブが関心を持っているものの、現時点で具体的な話はなし。