ミランの「14」が変わりすぎ…。1995年からコンティで16人目

ミラン

ミランへの完全移籍が決まったアンテ・レビッチは、背番号を「18」から「12」に変更した。これを受けて、アンドレア・コンティの背番号が「12」から「14」に変更となっている。『MilanNews』が、ミランにおける「14」の特異性を伝えた。

ミランの「14」は、1995/96シーズン以降、多くの選手が身につけてきた。その顔ぶれは以下のとおり。

  • ジャンルイジ・レンティーニ
  • ミハイル・ライツィハー
  • ジョージ・ウェア
  • ロベルト・アジャラ
  • ホセ・マリ
  • ダリオ・シミッチ
  • ヨアン・フォーゲル
  • マティアス・カルダシオ
  • ロドニー・シュトラサー
  • サリー・ムンタリ
  • バルトシュ・サラモン
  • バルテル・ビルサ
  • ミケランジェロ・アルベルタッツィ
  • マティ・フェルナンデス
  • ティエムエ・バカヨコ
  • アンドレア・コンティ

「1~11」のいわゆるクラシックなレギュラーナンバーではない「14」が常に埋まっているだけでなく、毎シーズンのように着る選手が替わっているのは「驚くべき」ことと同メディアは伝えている。