ミラン、ペッシーナ獲得に本気? ベロッティに2000万ユーロ用意、オルソリーニはカスティジェホ放出で挑戦か

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランが来シーズンに向けた補強に動いている。7日、『スポルトメディアセット』などが伝えた。

ミランは現有戦力の契約延長が重要な時期だが、同時に外にも目を向けている。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランはアタランタのマッテオ・ペッシーナに注目している。ミランは現在、ハカン・チャルハノールの契約延長交渉が話題になっているが、10番の去就に関係なく、ペッシーナを狙うつもりだという。

補強ポイントの一つと言われる右ウイングについては、ボローニャのリッカルド・オルソリーニが依然としてホットな名前。ボローニャの要求額は1500万~1800万ユーロと言われている。一方でサム・カスティジェホに対してスペインからの関心があると言われており、移籍金の一部とするために放出するかもしれない。

前線にも新しい戦力がくるかもしれない。冬の加入で注目されたマリオ・マンジュキッチは、ケガもあってここまでほぼ戦力になっていない。契約延長オプションはあるものの、現時点で行使はないとみられている。

そこでフィオレンティーナのドゥシャン・ブラホビッチに対する関心が伝えられているが、『スポルトメディアセット』はトリノのアンドレア・ベロッティも候補とした。ベロッティは2022年までとなっているトリノとの契約を延長する意思がなさそうとのこと。エディン・ジェコの後釜としてローマも関心を持っているが、ミランは2000万ユーロを用意して獲得を目指すという。

夏にミランにやってくる選手は、この中にいるだろうか。