イブラヒモビッチ、3月第1週は超過密日程。チーム練習はわずか1回

ミラン

ミランのズラタン・イブラヒモビッチは来週、忙しい一週間を過ごすことになる。『スカイ』が伝えた。

3月2日から6日にかけて、イタリアではサンレモ音楽祭という大規模イベントが行われる。以前から伝えられていたとおり、イブラヒモビッチはゲストとして参加する予定で、大ベテランはコンディションを維持しながらサンレモ音楽祭に出るという過酷スケジュールをこなすことになる。

ミランは2月28日にローマと対戦。翌日はミラネッロで通常練習に参加するが、3月2日(火)は音楽祭スタートに合わせて現地入り。3日(水)はサン・シーロでのウディネーゼ戦があるため一度ミラノに戻り、自宅で一夜を過ごしたあと、再び4日(木)からサンレモに戻ることになる。最終日の6日(土)までサンレモに滞在して、7日にエラス・ヴェローナとのアウェーゲームに向かう予定だ。こちらは直接現地入りすることになる。

つまり、1日(月)を除くと、イブラヒモビッチは個別練習でコンディションを維持しなければいけないということ。『スカイ』はインテル戦で足をつったように、年齢を考えると、元々全ての試合に出場することは不可能で、いずれにしても休養はあると考えるのが妥当だ。

ミラノとサンレモの移動時間を短縮するためにヘリコプターでの移動も考慮しているが、こちらは今後数日のうちに結論を出す予定とのこと。

イブラヒモビッチのプロ意識に疑いの余地はないとはいえ、かなりのハードスケジュールであることは間違いない。ここまでのシーズンの成果を台無しにしないためにも、エースの状態は気になるところだ。