インテル、ルカクらへの処分はなし。誕生日パーティーではなくディナー

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは、ロメル・ルカクらの深夜外食について、処分を下さないことを決めた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が14日に伝えている。

スポンサーリンク

ローマ戦後、深夜に大人数ディナー

インテルは12日にローマとナイトゲームで対戦した。その後、ルカクやアクラフ・ハキミ、イバン・ペリシッチ、アシュリー・ヤングが関係者とともに高級ホテルに集まり、深夜までパーティーをしていたと報じられていた。

コロナ禍で22以降の外出は原則として禁じられている。そのため、深夜に集まりが発見されたルカクら24人は、400ユーロのペナルティを支払った。

13日はルカクの誕生日だったため、28歳のバースデーパーティーだったと伝えられている。そのため、クラブからの処分もあるのではないかと言われていた。だが、13日の報道によると、インテルはクラブとしてペナルティを科さないことを決めている。

その詳しい理由を14日に『ガゼッタ』が伝えた。

この日の食事は、ハキミが幹事となったもので、誕生日パーティーではなかったとのこと。ルカクは家から別の家に移動したあとでホテルに合流。ちょうど誕生日だったため食事の席でプレゼントを受け取り、駐車場の車のところへ向かったタイミングで見つかり、誕生日パーティーと認識されたという。その後、憲兵がホテルのイベント会場に入り、全員を特定したという流れだった。

詳しい報告を受けたインテルは、ナイトゲーム後のディナーにあたると判断。問題行動にはあたらないとみて、選手たちを守る側につくことを決めたという。

ユヴェントスはホームパーティーが問題に