ディバラ、騒動を謝罪も「パーティーじゃなかった」。次節は招集外になる可能性も

ユヴェントス

ユヴェントスは、3日のトリノダービーで使えるはずの選手を欠くことになるかもしれない。『TMW』などが伝えている。

ユヴェントスでは今回のインターナショナルブレークで問題が起きてしまった。メリフ・デミラルとレオナルド・ボヌッチが新型コロナウイルスの検査で陽性となり、しばらくチームから外れることになっている。

それとは別に、3月31日にはプライベートでトラブルが発生。ウェストン・マッケニーの自宅でパウロ・ディバラやアルトゥールも集まり、約20人での夕食会が開かれたことが明らかになった。近隣住人からの通報で憲兵が自宅を訪ねる事態となっている。コロナ禍の今、大人数で集まることは禁じられているため、罰金処分が科された。

ただ、規律を重んじるユヴェントスは、クラブとして3人の行動に激怒している模様。罰金処分以外にトリノ戦でベンチ入りを認めないというチームにとっても痛い決断を下す可能性があると報じられているところだ。

ディバラは自身のインスタグラムでこの騒動を謝罪。「世界中が新型コロナウイルスで大変な時期に、外で食事をするのは間違っていた。パーティーじゃなかったんだけど、いずれにしても僕が間違えていた。謝罪する」と記している。