カッサーノ、インテルのスクデットを称えるもやっぱり不満「ターニングポイントは…」

インテル

アントニオ・カッサーノが『ボボTV』に出演し、インテルのスクデット獲得について語った。

カッサーノはインテリスタを公言しているが、アントニオ・コンテ監督のカルチョには否定的な見方を続けた。それはスクデットを手にした今も変わっていない。

「ターニングポイントは…」

「簡単な話さ。1月までは何も勝ちとれなかった。インテル対ラツィオから流れが変わった。デンマーク人(クリスティアン・エリクセン)がスタメンになり、自信をつけた。彼とペリシッチがターニングポイントだ」

エリクセンはクロトーネ戦で決勝弾

「インテルは素晴らしいけど」

「インテルは素晴らしい。優勝は簡単なことじゃないからね。その上で詳細をみると、疑問を持ちたくもなる。ユーヴェとミランが多くの失態を演じた。1月から調子を落としたね。インテルはスクデットを獲ったあとも、良いプレーができない。見ても何も感じないね。後方に構えて守るチームは、オレ的には良いプレーじゃない」

「コンテはBBCと同じことをやっている。相手と1対1でバチバチ行く守備がみたい。じゃないとオレは退屈だ。コンテはベンチから選手たちをコントロールする。オレが見たいのは、モドリッチやピアニッチだ」

コンテは「偉大なチームの台本は一つじゃない」

コンテではCLで勝てない?

「コンテはヨーロッパじゃいつも散々な結果だ。ユヴェントスでも同じだった。こういったプレーは好きじゃない。退屈しちゃうね」

11年前のメンバーが優勝を祝う