「インテルと具体的な話はない」。タグリアフィコ代理人が現状語る

インテル

アヤックスのニコラス・タグリアフィコは、インテルへ移籍するのだろうか。『FcInterNews』が、同選手の代理人であるリカルド・シュリーパー氏の独占インタビューを紹介した。

タグリアフィコは最近、インテルからの関心について問われた際、前向きととれる発言をしていた。

「インテルは間違いなく世界のトップレベルのクラブだ。ただ、ニコは質問に答えただけだよ。インテルのようなビッグクラブのユニフォームを着るのが嫌な選手なんていないだろう? 誰だってそれを望んでいる。同じことが、ほかのビッグクラブにも言えるということだ」

「インテルとは、何も具体的なことがない。それどころか、実際には何もないんだ。我々が連絡を取り合っているイタリアのパートナーが、新しいことは何も話していなかった。それが何よりの証拠だね。まだ早い。じっくり待って、何が起こるのかを見ていこう」

アヤックスを離れる可能性はあるのか

「それはイエスだ。昨年の時点で移籍する可能性もあった。ただ、新型コロナウイルスでヨーロッパのメルカート全体が変わったんだ。アヤックスとは適切なオファーがあったら放出を認めるということで合意している」

ハビエル・サネッティ副会長からの連絡は?

「しばらくプピから連絡はきていないよ」

タグリアフィコは3-5-2に適応できるか

「もちろん。タグリアフィコは個人としても、戦術的にも、とても賢い選手だ。彼はこれまで、あらゆる状況に適応してきた。いろいろな監督のもとでやってきて、その監督の要求をこなしてきたよ」

ヤング放出で左サイドの候補と言われるタグリアフィコ

インテルは変革中

ブロゾビッチも放出の噂