インテル、左サイド補強はタグリアフィコ? 前線はラウタロの去就次第でジェコ再燃

インテル

『コッリエレ・デッロ・スポルト』が24日、インテルの今後のメルカートに触れた。

インテルは現在、財政難に苦しんでいる。そのため、6月末までにキャッシュを調達しなければいけないと言われており、ビッグネーム(特にラウタロ・マルティネス)の放出が噂されている。

ただ、財政状況に関係なく動きがあるのは左ウイングだ。アシュリー・ヤングはやはり契約延長なしと『コッリエレ』。その代わりにアヤックスのニコラス・タグリアフィコが候補になっているとした。

前線はやはりラウタロの去就次第。ラウタロは契約延長間近と言われているが、代理人が代わったばかり。アレハンドロ・カマーニョ氏はスペイン方面に強く、高額オファーを引き出すかもしれない。

『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、「オファー額次第でインテルは検討する」と予想。「放出した場合は別のストライカーを獲得することになる」とした。その場合はローマのエディン・ジェコが再びターゲットになる可能性があるとしている。