インテルがヤングの後釜探し。サンプドリアのアウジェッロもリスト入りか

インテル

インテルが左サイドの補強に動いている。『FcInterNews』は1日、サンプドリアのトンマーゾ・アウジェッロが候補だと伝えた。

アシュリー・ヤングとの契約が今シーズンいっぱいまでとなっているインテル。まだ契約延長の兆候はなく、このまま退団となる可能性が高そうだ。そこで、若返りを図ると同時に年俸を抑えるというのがクラブの方針だ。

これまでにスペツィアのシモーネ・バストーニが候補に挙がっていたが、ここにアウジェッロも加わった模様だという。

26歳のアウジェッロは、今シーズンのサンプドリアでほぼ全試合フル出場を続けている。イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督も視線を送る選手だ。