ラウタロ・マルティネスの将来は?「今はスクデットに集中」と代理人

インテル

インテルのラウタロ・マルティネスは、インテルに残るのだろうか。アレハンドロ・カマーニョ氏が『スカイ』にコメントしている。

ラウタロの去就決定はスクデット後

ラウタロは先日、長く付き合いのあった代理人たちとの関係を終了した。そのあとでラウタロの代理人となったのが、アクラフ・ハキミの代理人でもあるカマーニョ氏だ。

ラウタロは以前からインテルとの契約延長がほぼ合意済みと言われている。その一方で、インテルは深刻な財政難で、ビッグネーム放出を受け入れなければいけない状況であることも伝えられており、新代理人はいきなり注目を集めているところだ。

カマーニョ氏は「ラウタロはインテルに集中しており、スクデットを勝ちとることだけを考えている」とコメント。「そのあとで我々はクラブとどうするのか話し合っていく。世界は今、特殊な状況にあるからね。環境は良く、素晴らしいパフォーマンスを見せている。インテルは南米から大きなステップを果たす機会を与えてくれたクラブだ」と述べている。また、ロメル・ルカクとの2トップ“Lu-La”については「2人は友人同士だ。最高の関係がある。ヨーロッパ最強レベルの2トップだね」と話した。

「ハキミの未来はインテルに」

また、ハキミについても語っている。

「彼の未来はインテルにある。ボルシア・ドルトムントを離れるときに選択肢はたくさんあったが、選手の良さを最大限に引き出すコンテを選んだ。PKの蹴り方を知らない? コンテがそう言ったなら驚きだけど、私よりも彼のことを知っているからその通りかもね(笑)」

移籍の噂が絶えないラウタロ

一時は妻がワンダ・ナラのようになるとも…

ラウタロとハキミの関係も新代理人決定に影響した?