ハキミの新型コロナ陽性に困惑するマロッタ「言い訳にはしないが影響したのは事実」

インテル

インテルのジュゼッペ・マロッタCEOが24日、ジェノア戦のキックオフ前に『スカイ』のインタビューに応じた。MFアクラフ・ハキミの話題に触れている。『FcInterNews』などが伝えた。

ハキミは21日のチャンピオンズリーグを欠場。試合当日の検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たためだ。その後、インテルで受けた検査結果は陰性だった。手順に従ってジェノア戦ではベンチ入りを果たしている。

この件でインテルはUEFAの対応に不満を持っていることが報じられている。このテーマについてマロッタCEOは次のように語った。

「UEFAの決定には失望と悔いがある。試合当日、朝の検査では陰性だった。それが午後には陽性に変わった。試合の言い訳にしてはいけないが、試合の準備を考えると影響したのは事実だ。これは不均衡を生み出すもので、今後UEFAはもっと正確にしていくだろう」

「選手はプロトコルに従った。我々のメディカルスタッフと当局に感謝をしなければいけない」