セリエAで早くも2人目の“犠牲者” カリアリがセンプリチ監督解任

スポンサーリンク
カリアリ
スポンサーリンク

カリアリは14日、レオナルド・センプリチ監督の解任を発表した。

セリエAではこの日、エラス・ヴェローナがエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任を発表。その後、イゴール・トゥドール監督の招へいを発表している。センプリチ監督は、今シーズンのセリエA2人目の“犠牲者”となった。

センプリチ監督は今年2月にカリアリの監督に就任。クラブの1部残留に貢献した。

しかし、今シーズンは開幕から3試合で1分け2敗。ここまで9失点と守備が崩壊しており、クラブが決断を下している。

なお、後任には、ワルテル・マッツァーリ氏が就任する見通し。14日夜に合意したと報じられている。