イタリア代表クラスターがさらに拡大中。ボヌッチらに加えてフロレンツィやシリグも。計7人に

最新カルチョニュース

イタリア代表で発生したクラスターが、さらに拡大している様子だ。

先日の代表ウィークでは、イタリア代表でスタッフ4人に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。その後、代表チームは解散。各クラブで戻ってきた選手たちの検査などが行われている。

その中でユヴェントスのレオナルド・ボヌッチが陽性となった。さらにパリ・サンジェルマンではマルコ・ヴェッラッティの陽性が確認されている。

そして5日、新たにパリ・サンジェルマンはアレッサンドロ・フロレンツィも陽性となったことを発表した。さらにトリノもこの日、トップチームの選手1人が陽性だったと発表。選手名は公表されていないが、イタリア各メディアはサルヴァトーレ・シリグであると伝えている。

さらに、フライブルクは公式サイトでヴィンチェンツォ・グリフォの陽性を報告。そして、カリアリのアレッシオ・クラーニョも陽性が発表された。

感染経路は分からないとしても、これでアッズーリに招集されていた選手から7人が陽性となったことになる。