イタリア代表メンバー発表:リッチとトロイが初招集。インテル勢は当局の指示で合流可否判断

イタリア

3月の代表戦に向けたイタリア代表メンバーが発表された。ロベルト・マンチーニ監督は38人を招集している。

今回初招集となったのは2人。アタランタのDFラファエル・トロイとスペツィアのMFマッテオ・リッチだ。

ただし、リッチに加えてインテルの3選手は、保健局のコントロール対象のため、管轄当局の指示に従うことになる。

イタリア代表は今回の代表ウィークで2022年ワールドカップ欧州予選3試合を戦う。25日に北アイルランドと、28日にブルガリアと、31日にリトアニアと対戦だ。

招集メンバーは以下のとおり。

GK
アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレックス・メレト(ナポリ)
サルヴァトーレ・シリグ(トリノ)

DF
フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)
アレッサンドロ・バストーニ(インテル)※
クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
ジョヴァンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)
エメルソン・パルミエリ(チェルシー)
ジャン・マルコ・フェラーリ(サッスオーロ)
アレッサンドロ・フロレンツィ(パリ・サンジェルマン)
マヌエル・ラッザリ(ラツィオ)
ジャンルカ・マンチーニ(ローマ)
レオナルド・スピナッツォーラ(ローマ)
ラファエル・トロイ(アタランタ)

MF
ニコロ・バレッラ(インテル)※
ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ)
ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)
ロランド・マンドラゴーラ(トリノ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
マッテオ・ペッシーナ(アタランタ)
マッテオ・リッチ(スペツィア)※
ステファノ・センシ(インテル)※
ロベルト・ソリアーノ(ボローニャ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)

FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
フランチェスコ・カプート(サッスオーロ)
フェデリコ・キエーザ(ユヴェントス)
ステファン・エル・シャラウィ(ローマ)
ヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
モイーズ・キーン(パリ・サンジェルマン)