クンブラ争奪戦は意外な結末? ローマとの交渉が進行中か

ローマ

エラス・ヴェローナDFマラシュ・クンブラの争奪戦が、思わぬ方向に向かっている。『スカイ』は14日、同選手がローマ移籍に迫っていると伝えた。

ローマは昨シーズンにレンタルしていたクリス・スモーリングの再獲得を狙っていたが、最新のオファーも拒否された模様。そこで、クンブラに照準を切り替えたという。

ローマとヴェローナの交渉はかなり進んでおり、3000万ユーロの完全移籍を前提とした1年のレンタルという条件で話し合っているとのこと。これから動きがあるかもしれない。