ゴディンは構想外でカリアリへ…妻の故郷をチョイス。ダルミアンとクンブラ獲得に青信号?

インテル

インテルのディエゴ・ゴディンは、カリアリへの移籍が濃厚となっている。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が11日に伝えた。

シーズン終盤にアントニオ・コンテ監督のカルチョにフィットしたゴディンだが、新シーズンのプランには含まれなかった。そこでカリアリへの移籍がクラブ間で合意したようだ。

ゴディンは「プロフェッショナルとパーソナルの両面で決断した」と『コッリエレ』。選手としてのキャリアを考えた上での決断ではあるが、同時に妻のソフィア・エレーラさんの故郷という点でもカリアリを選んだという。

ソフィア・エレーラさんの父は、ペペ・エレーラ(ホセ・オスカル・エレーラ)。1990年から1995年にカリアリで活躍した元ウルグアイ代表プレーヤーだ。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ゴディンの放出により、以前から獲得の話が進んでいたパルマのマッテオ・ダルミアンとエラス・ヴェローナのマラシュ・クンブラ獲得が前進するとみている。