ナインゴランがインテル復帰。カリアリ会長が交渉決裂認める

インテル

MFラジャ・ナインゴランが、インテルに戻ってくることになった。カリアリのトンマーゾ・ジュリーニ会長が明かしている。『TMW』が同会長のコメントを伝えた。

昨年夏にインテルで構想外となり、古巣のカリアリにレンタルで加わったナインゴラン。両クラブは完全移籍について話し合っていたが、まとまらなかったようだ。

インテルとの直接交渉を終えたジュリーニ会長は、「サミットはうまくいかなかった。監督に彼をプレゼントできるかって? ノーだ。あり得ないね。彼はミラノに残ると思う。彼らはそれを望んでいる」と語った。

カリアリは完全移籍で獲得することはできないという立ち位置で、同会長は会談前に「決めるのはインテル」と話していたが、交渉はうまくいかなかったようだ。