ドンナルンマ、ハートに従うか…。ミランとの契約延長交渉は進まず

ミラン

ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマは、本当に退団へ向かっているのだろうか。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は10日、守護神が「心と頭の間」にいると記した。

ミラン、主将ロマニョーリの契約延長を準備か
ミランがDFアレッシオ・ロマニョーリの契約延長を準備しているようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が9日に伝えた。 25歳のロマニョーリは、ミランのカピターノを務めている。現行契約は2022年まで。今夏の放出が濃厚とみられるG...

ドンナルンマは現行契約が2021年まで。このまま契約延長に至らなければ、フリートランスファーでの放出を避けるため、この夏に移籍となる可能性が高いとみられている。

ミラン、ピオリ続投はほぼなし…。ラングニックのほかに2人の候補浮上
ミランが新監督探しを進めているようだ。『スカイ』が9日に伝えた。 来シーズンの指揮官が注目されているミラン。新型コロナウイルス感染拡大の影響でカルチョも止まっているが、新監督探しは継続中だという。 やはりステファ...

ドンナルンマはこれまで、「ずっとミランのティフォーゾだった。いつでもこのユニフォームのためにベストを尽くす」と語り、実際にそれを裏切ったことはない。ただ、現実的な問題としてドンナルンマはより高いレベルでプレーすることができるGKで、トップへ行くことも可能だ。

『ガゼッタ』によると、クラブとドンナルンマの話し合いは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断中。ミランはドンナルンマとの契約延長を希望しているが、今シーズン終了までにまとまらなければ、放出以外に道がないことも理解している。ミランの評価額は5000万ユーロ程度。ただ、新型コロナウイルスの余波で2500~3000万ユーロまで価格は下がるかもしれない。

ドンナルンマは引く手あまたで、パリ・サンジェルマンのほか、プレミアリーグのビッグクラブも関心を持っている。また、ユヴェントスという話も噂になっていた。

ミランはドンナルンマの後釜となるGK探しも始めていると言われているが、21歳の若き守護神の未来はどこにあるのだろうか。

ボナヴェントゥーラは今季でミラン退団濃厚。契約延長はなしか
ミランのMFジャコモ・ボナヴェントゥーラは、6年過ごしたクラブを去ることになりそうだ。『スカイ』が9日に伝えた。 ズボニミール・ボバンがクラブを離れたミランは、ステファノ・ピオリ監督続投の可能性がほぼないとみられている。ズラタ...