ヴィエリ、ミランに一言「ボバンは良くやった。ガジディスは何をした?」

ミラン

 元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏が、ミランで起きている内部の問題について『ティキ・タカ』で触れた。『スポルト・メディアセット』が伝えている。

ミラン、ボバンとガジディスの関係が崩壊でクビ間近。マルディーニも続くか
 ミランは2日、同クラブの幹部であるズボニミール・ボバン氏との決別を決めた。『スカイ』などが伝えている。  昨年6月にミランのチーフフットボールオフィサーとなったボバン氏は先月29日付の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でロングインタビュ...

「ボバンは良くやった。ガジディスは監督(ラルフ・ラングニック)と話した。何もないときにね。で、ガジディスは何者だ? 何をしたんだ?」

「ボバンとマルディーニがその役職にいる。ボバンは黙らなければいけなかったのか? 人生では男になる必要があるときがある。マルディーニはボバンに一緒に仕事をしようと声をかけた。彼らの絆は強いからね。片方は臆病者で、もう片方は操り人形じゃない。パーソナリティがあって、面と向かって物を言う」

ミラン、イブラとドンナルンマに加えてロマニョーリの将来も微妙に?
 内部分裂に揺れるミランは、アレッシオ・ロマニョーリを失う恐れがあるようだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が3日に伝えている。  ズボニミール・ボバンとパオロ・マルディーニがクラブをあとにする可能性が高まっているミランは、ズ...