ミラン、イブラとドンナルンマに加えてロマニョーリの将来も微妙に?

ミラン

 内部分裂に揺れるミランは、アレッシオ・ロマニョーリを失う恐れがあるようだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が3日に伝えている。

ミラン、ボバンとガジディスの関係が崩壊でクビ間近。マルディーニも続くか
 ミランは2日、同クラブの幹部であるズボニミール・ボバン氏との決別を決めた。『スカイ』などが伝えている。  昨年6月にミランのチーフフットボールオフィサーとなったボバン氏は先月29日付の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でロングインタビュ...

 ズボニミール・ボバンとパオロ・マルディーニがクラブをあとにする可能性が高まっているミランは、ズラタン・イブラヒモビッチとジャンルイジ・ドンナルンマの将来が不透明になっていると報じられた。

 ただ、この問題はカピターノにも影響するかもしれない。

 ロマニョーリは2022年までの契約を交わしているが、ラルフ・ラングニック新体制で特定の保証がない場合、メルカートに出る可能性があるという。

 イブラヒモビッチやドンナルンマと同様、ロマニョーリも代理人はミノ・ライオラ。夏にフロントだけでなく、チームも大きく変わるかもしれない。

ミラン、ラングニック招へいで去るのはボバン&マルディーニだけでなく…。主軸にも影響か
 クラブ内部で起きている問題により、ミランは再び改革へと動くことになるかもしれない。イタリアメディアに加えて、ドイツ『ビルト』も大々的に扱っている。『スポルト・メディアセット』が取り上げた。  ミランではイバン・ガジディスCE...
タイトルとURLをコピーしました