ミラン、ラングニック招へいで去るのはボバン&マルディーニだけでなく…。主軸にも影響か

ミラン

 クラブ内部で起きている問題により、ミランは再び改革へと動くことになるかもしれない。イタリアメディアに加えて、ドイツ『ビルト』も大々的に扱っている。『スポルト・メディアセット』が取り上げた。

チアゴ・シウバ、PSGは今季まで? ミラン復帰の可能性があるとしたら…
 パリ・サンジェルマンのDFチアゴ・シウバがミランに復帰するかもしれない。ブラジル『UOLエスポルチ』の報道をもとに『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。  今シーズンでパリ・サンジェルマンとの契約が満了となるチアゴ・...

 ミランではイバン・ガジディスCEOがラルフ・ラングニックの招へいに動いている。一方で幹部のズボニミール・ボバンとパオロ・マルディーニは反対の立場を取っていることが表面化した。

 ガジディスCEOはボバンとの別れをすでに決めており、マルディーニについてもほぼ間違いなくクラブを去るとみられている。ただ、再編はフロントだけではなくなる模様だ。

 ステファノ・ピオリ監督に加えて、ボバンとマルディーニが去ることになれば、ミランの将来は再び不透明になる。そうなれば、ズラタン・イブラヒモビッチが間近に契約更新をためらうことが予想される。

 イブラヒモビッチがクラブに疑問を持った場合、これがドミノ倒し的にチームメートに波及する可能性があると記事は指摘。まずはイブラヒモビッチと同じミノ・ライオラが代理人で、引く手あまたのジャンルイジ・ドンナルンマの将来も不透明になるのではないかとのことだ。