判定に不満のピオリ「イブラに対するファウルもあった。我々はダメージを受けた」【ミラン対ユヴェントス】

ミラン

 ミランは13日、コッパ・イタリア準決勝ファーストレグでユヴェントスをホームに迎え、1-1で引き分けた。ステファノ・ピオリ監督は試合後、『Rai』やミックスゾーンでコメントを残している。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

【ミラン対ユヴェントス】ロナウドPK弾でドロー。ミラン、2ndレグに不安残す…【コッパ・イタリア】
ミラン 1-1 ユヴェントス 【コッパ・イタリア準決勝1stレグ@サン・シーロ】 61分 1-0 レビッチ(ミラン) 72分 テオ・エルナンデス(ミラン) 90+1分 1-1 ロナウド(ユヴェントス) ▼ミラン先発メンバー ...

――PKのジャッジについて

「ユーヴェのPKはなかった。リッツォーリはそう言った」。元審判がミラン対ユヴェントスの判定を語る
ミラン対ユヴェントスのコッパ・イタリア準決勝ファーストレグは、1-1の引き分けに終わった。元審判のティツィアーノ・ピエリ氏が、『Rai』でPKの判定について語っている。 ミランが1点リードで迎えた終盤、ユヴェントスはPKで同点...

「リッツォーリの会議には私も出席した。そこでカリアリ対ブレッシアのチェッリのハンドがテーマになり、腕に当たったがあれはPKにならないと説明を受けた。今日も同じ状況だ」

「その前にイブラヒモビッチに対する明らかなファウルがあった。カラブリアはロナウドに対して姿を消すわけにはいかなかった。我々は確実にダメージを受けたが、選手たちの頑張りを誇りに思う」