5/20 アパレル第2弾!

ミランで不発に終わったピョンテクがイタリア復帰か

目次

古巣ジェノアがオファー、すでにクラブ間では合意とも

ヘルタ・ベルリンのクシシュトフ・ピョンテクに対して、ジェノアが強い関心を示している。『スカイ』が伝えた。

降格圏の18位に低迷するジェノアは、冬のメルカートできっかけをつかみたいところ。そこで2018-19シーズン前半戦に9ゴールを挙げてミランへ飛躍したピョンテクの復帰を画策している。

報道によると、ジェノアはヘルタ・ベルリンと約1700万ユーロの完全移籍前提レンタルで合意済み。あとは選手の気持ち次第だという。

ただ、ピョンテクに対してはほかにも複数のクラブが関心を示しており、選手がこの話に乗るかは微妙なところのようだ。

●ミランで不振に陥った当時のピョンテクの談話

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる