PKストップのタタルシャヌ「GKとのPK勝負は難しい。ミランは良いグループ」

ミラン

ミランは12日のコッパ・イタリアでトリノと対戦し、PK戦の末にベスト8進出を決めた。PKセーブで勝利の立役者となったGKチプリアン・タタルシャヌが試合後、『ミランTV』でコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

「素晴らしい夜になった。すごく長い試合になったけど、大きな勝利だね。粘り強く結果をつかんだよ」

トリノは5人目のキッカーがGKのサビッチだった。

「GKとのPK勝負は難しい。どんなキックをするかが分からないからね。難しいし、より本能的に動かないといけない」

ミランのグループとしての強さについても語っている。

「こういったシーズンを過ごし、良いカルチョができているということは、ここには良いグループがあるということだ。全ての選手がコミットしてベストを尽くしているよ」