ピルロ、やはりU-23ユヴェントス監督就任濃厚か

ユヴェントス

元イタリア代表のアンドレア・ピルロは、やはりU-23ユヴェントスで監督キャリアを始める可能性が高いようだ。『スカイ』が29日に伝えている。

2011年から2015年にかけてユヴェントスでプレーしたピルロは、新シーズンから監督としてのスタートを切ることを明言していた。その舞台は、ユヴェントスのセカンドチームになるという。

ピルロのアシスタントは、ロベルト・バローニオになる見通し。2人は10歳のときからの付き合いで、長年苦楽をともにした仲。今度はベンチでタッグを組むことになるようだ。

タイトルとURLをコピーしました