「ピアニッチの話は聞いていない」。バルセロナ指揮官が獲得を否定

スポンサーリンク
ユヴェントス
スポンサーリンク

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ユヴェントスMFミラレム・ピアニッチ獲得の可能性について話した。1日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じている。

現在、ユヴェントスとバルセロナの間では、ピアニッチとアルトゥールのトレードが噂になっている。バルセロナ指揮官は、次のように話した。

「私はディレクターたちと頻繁に派泣いている。その話は誰からも聞いていない。一方で、アルトゥールはすでに2度、残留を希望すると発言しているね。分かるよ。こういったチームで、世界最高の選手の横でプレーできるんだから。それに素晴らしい監督も…」

「(ピアニッチは)素晴らしい選手だ。ただ、もっと全体的な話をさせてほしい。今メルカートの話をするのは危険だね。どのクラブも予算を再調整しなければいけない。被害は甚大だ。誰だってもっと稼ぎたいが、予算が減ればサラリーを調整しなければいけない。それが現実だ」