ユヴェントス、CLリヨン戦に向けてボヌッチとピアニッチが復帰へ

ユヴェントス

 ユヴェントスが26日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・ファーストレグのリヨン戦に向けた準備を始めている。『トゥットスポルト』は、現時点でのメンバーを予想した。

 SPAL戦からの変更点は、まずディフェンスラインだ。出場停止だったレオナルド・ボヌッチが復帰となり、マタイス・デ・リフトとコンビを組むことになる。SPAL戦で先発復帰のジョルジョ・キエッリーニはまだ連続での起用にリスクがあるため、カンピオナート次節のインテル戦に向けて調整する。

成長を感じるサッリ。VARには不満。キエッリーニには手応え【SPAL対ユヴェントス】
 ユヴェントスは22日、セリエA第25節でSPALと対戦し、敵地で2-1の勝利を収めた。マウリツィオ・サッリ監督の試合後のコメントを『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 「チームははっきりと成長しているように感じる...

 また、ミラレム・ピアニッチもメンバーに復帰する見通し。ゴンサロ・イグアインもベンチ入りメンバーに戻る模様だが、こちらはベンチスタートが濃厚とのこと。攻撃はフアン・クアドラード、パウロ・ディバラ、そしてクリスティアーノ・ロナウドの3人が担うことになりそうだ。

ラムジー「インサイドハーフは自分のポジション」【SPAL対ユヴェントス】
 ユヴェントスは22日、セリエA第25節でSPALと対戦し、敵地で2-1の勝利を収めた。1ゴールを挙げたアーロン・ラムジーが試合後、『スカイ』にコメントを残している。『TuttoJuve』が伝えた。 ――インサイドハーフは自分...
タイトルとURLをコピーしました