5/20 アパレル第2弾!

退席のアッレグリ「インテルの誰かに蹴られた」

目次

インテルとの差を認め、「このギャップを埋めていく」

ユヴェントスは11日、コッパ・イタリア決勝でインテルと対戦し、延長戦の末に2-4で敗れた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後にコメントを残している。

アッレグリ監督は延長戦に激昂して退席を命じられた。インテルとの大一番を落として今季無冠が決まったあと、記者会見で次のように語っている。

「インテルがゴールを決めたあと、インテルの誰かが私のところにきて足蹴にした。誰だったかは分からない。それで私は怒った。人として当然の反応だと思う。審判は私が激怒しているのを見て私を退席させた」

「結局残るのは、インテルが勝ち、我々が負けたということだけだ。ただ、我々はこの良いベースを持って来季のリスタートとしなければいけない」

「来季に誰が必要か、何が必要かという話になる。我々は強烈な悔しさがあり、ここから這い上がる必要がある。残り2試合でその悔しさと失望を前に出し、良い形でシーズンを終え、今季のようにクラブと強力して進むことが大事だ」

「(主審の)ヴァレーリはとても良かった。堂々とジャッジしていたね。チームも良いプレーだった。インテルとのギャップを埋めていかなければいけない。それは日々の取り組みによってのみ可能になることだ。クラブと一緒に取り組んでいくよ」

●ユヴェントス関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル第一弾】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル始めました よろしくお願いいたします!】  カルチョイズムでアパレルを始めることになりました。その第一弾として、カットソーが誕生したので、詳しく説明...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる