インテルがトナーリへの関心を明言「ブレッシアの評価額が問題になり得る」

インテル

インテルのピエロ・アウリジオSDが、ブレッシアMFサンドロ・トナーリへの強い関心を認めた。『スカイ』での発言を『FcInterNews』などが取り上げている。

トナーリ獲得について問われたアウジリオSDは、「我々はイタリア人選手たちに焦点を当てている。とても興味を持っている。バストーニのように、我々はセンシとバレッラにも投資した。これを継続していきたい」とコメントした。

さらに同SDは、「トナーリはそういったクオリティのある選手だ。技術的にもパーソナリティ的にも、我々の条件を満たしている」と関心を明言。その上で、「問題があるとすれば、ブレッシアの評価額だ」と述べ、移籍金の額が障壁になり得るとした。

タイトルとURLをコピーしました