ルカク、チェルシー時代の指揮官を「許したことは一度もない」

インテル

インテルのFWロメル・ルカクが、アンドレ・ビラス=ボアス氏への“恨み”を語った。ベルギー『Het Laatste Nieuws』に対するインタビューを『TMW』が伝えている。

今シーズン、インテルでゴールを量産するルカクは、2011年から2014年にかけてチェルシーに所属している。2011/12シーズンにチェルシーはチャンピオンズリーグ制覇を果たしたが、ルカクはビラス=ボアス監督の登録リストから外れていたため、チャンピオンズリーグでプレーすることはできなかった。

ルカクは、「(ビラス=ボアスの後任としてシーズン途中から指揮を執った)ディ・マッテオは、決勝までグループの一員だと僕に言った。でも、僕はトロフィーに触れなかった。僕が優勝したわけじゃないからね」と、18歳の当時を振り返った。「11
歳のときから、こう思っていたんだ。貢献しなかったら、自分のタイトルじゃないってね」と、自身の信条を語っている。

さらにビラス=ボアス監督については、「練習で両方のプレーでする役割を与えられた。左サイドバックをやったり、右サイドバックをやったりもした。それじゃ成長できない。クラブに思っていたことを言ったよ。圧力下にあることは分かっていたけど、あのように扱う必要性はなかった」とコメント。一方で「ディ・マッテオは完全に違った。すぐに僕を関与させてくれたし、もっと早くやってきてほしかったね。ビラス=ボアスを許したことは一度もないよ」と述べている。

インテルでは優勝トロフィーに手を触れる日が訪れるだろうか。

タイトルとURLをコピーしました