ヤング獲得間近のインテル。カペッロが太鼓判「3-5-2で理想的」

インテル

 ファビオ・カペッロ氏が17日、『スカイ』でインテルの補強について語った。

 インテルは17日、アシュリー・ヤングのメディカルチェックを行っており、まもなく移籍が決定する見込み。かつてイングランド代表を率いたカペッロ氏は、これがインテルにとって効果的な補強になると確信している。

「アシュリー・ヤングのことはよく知っている。代表で一緒だった。左ウイングだったが、サイドバックに下がるようになったね。3バックの左サイドとしては理想的だろう。よく走るし、右足も左足も蹴れる。プレーのビジョンも良い。とても真面目な男で、3-5-2では理想的だ。自らゴールを挙げるタイプではないが、アシストはできるね」

 また、インテルが冬の獲得を狙っているトッテナムのクリスティアン・エリクセンについても触れた。

「こういった選手を加えれば、インテルの選手のクオリティは高くなる。エリクセンはゴールもアシストもできる。本当にクオリティの高い選手で、プレーのビジョンも確かだ」

インテル、エリクセン獲得にまた一歩前進。マロッタが代理人とディナー
 インテルがトッテナムのクリスティアン・エリクセン獲得に迫っている。『スカイ』が16日に伝えた。  報道によると、ミラノでは16日夜、インテルのベッペ・マロッタCEOがエリクセンの代理人とディナーをともにした。移籍交渉がさらに...
タイトルとURLをコピーしました