マロッタ、エリクセンとの交渉を完全否定「選手ともトッテナムともない」【インテル対アタランタ】

インテル

 インテルは11日に行われたセリエA第19節でアタランタをホームで迎え、1-1で引き分けた。ベッペ・マロッタCEOが、『DAZNイタリア』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

【インテル対アタランタ】インテルがブレーキ。ハンダノビッチのPKセーブで勝ち点1を拾う【セリエA第19節】
インテル 1-1 アタランタ 【セリエA第19節@サン・シーロ】 4分 1-0 ラウタロ(インテル) 75分 1-1 ゴセンス(アタランタ) ▼先発メンバー ▼採点(『FcInterNews』) GK ハンダノビッチ ...

 イタリア複数メディアはこの日、インテルがトッテナムのクリスティアン・エリクセンと合意に達したと報じている。夏を待たずに同選手を迎えるため、インテルはトッテナムと交渉に入るとみられているところだ。

インテル、エリクセン獲得で口頭合意と『ガゼッタ』。次はトッテナムとの交渉へ
 インテルがトッテナムのクリスティアン・エリクセンを獲得する可能性が高まっている。11日に『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スポルト・メディアセット』などが伝えた。  報道によると、インテルとエリクセンは2024年までの契約を...

 エリクセンの加入が冬と夏のどちらになるかと問われると、マロッタCEOはこう答えている。

「多くの噂が流れているが、真実じゃない。現時点で公式なものは何もないからだ。難しいメルカートで、機会次第だ。エリクセンは6月に契約満了となる。興味深いね。ただ、我々はクラブとも代理人とも交渉を始めていない」

 アシュリー・ヤングとオリビエ・ジルーの加入についても触れた。

「非常に限られた時間では何もできない。それぞれの状況を評価しなければいけない。我々は現在トップを争っていて、そのグループを尊重しなければいけない」

ジルー、インテルと2年半契約で合意か。ランパードは「全員にとって良いことならば…」
 インテルがチェルシーのFWオリビエ・ジルー獲得に迫っているようだ。『スカイ』などが10日に伝えた。  報道によると、インテルはジルーと2年半の契約で合意に達しており、1月の移籍成立を目指している。チェルシーは移籍金として800~10...
冬のインテル移籍を諦めないヤング。ユナイテッドに圧力?
 マンチェスター・ユナイテッドのアシュリー・ヤングは、冬の移籍市場でインテルに加入することを諦めていないようだ。イギリス『デイリーメール』の報道をもとに『TuttoMercatoWeb』などが伝えている。  34歳のヤングは、...