注目クラブの新加入選手・退団選手・基本システムなどをチェック!

インテル、デ・フライが実は難しい状況?

目次

今夏放出がなければ契約延長交渉開始か

ミラン・シュクリニアルの放出が話題になっているインテルだが、ステファン・デ・フライの去就にも気を配らなければいけない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が28日に伝えた。

デ・フライは現在の契約が2023年まで。2018年にフリーで獲得したオラン代表CBはここまで十分な活躍を見せており、今夏に放出すれば、クラブに大きな黒字を生む。

ただ、『ガゼッタ』によると、ここまで正式なオファーを出したクラブはゼロ。エリック・テン・ハフ監督を迎えたマンチェスター・ユナイテッドという報道もあったが、具体的な動きはないものとみられている。

そこでインテルは、デ・フライ残留のシナリオも描かなければいけない。放出先が見つからなかったときは、1年後のフリー移籍を避けるために、契約延長に動くはず。ただ、イバン・ペリシッチがそうだったように、残り1年で新シーズンを迎えるということはリスクがある。当然、フリーでの移籍も視野に入ってくるだろう。

デ・フライが残留となれば、2022-23シーズンのインテルにはプラスだとしても、将来的な問題となる可能性はありそうだ。

●インテル関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル好評です!】  カルチョイズムでアパレルを始めました。新作も準備中ですが、第一弾のカットソーは現在も好評販売中です! ●アパレル始動! カルチョイズム...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次