5/20 アパレル第2弾!

若手育成は「政治とカルチョの重大な責任」 パストレッロがエスポジト兄弟を例に挙げて語る

目次

「星付きレストランの料理を定食屋価格で食べられるなら… 」

代理人のフェデリコ・パストレッロ氏が13日付『レプッブリカ』のインタビューに応じた。その中で、エスポジト兄弟についても語っている。『FcInterNews』が取り上げた。

数多くのビッグネームをクライアントに抱えるパストレッロ氏は、セバスティアーノ・エスポジト、サルヴァトーレ・エスポジトの代理人も務めている。

21歳のサルヴァトーレは、インテルで育ったあと、現在はSPALでプレーしている。19歳のセバスティアーノは、インテルからスイスのバーゼルにレンタル中だ。

パストレッロ氏は、イタリアの法律が若手の育成を邪魔していると指摘。次のように述べた。

「成長令(Decreto Cresita)はイタリアのカルチョのクビを絞めている。今はU-21イタリア代表の選手よりも、オランダから外国人選手を獲った方が好都合だ」

「たとえばエスポジト兄弟を挙げてみよう。セバスティアーノは継続して試合に出るために、スイスへ行く必要があった。サルヴァトーレはU-21のレギュラーだが、セリエBでやっている。本来、そのレベルの若手はセリエAのチームでポジションをつかんでいるべきだろう」

「ただ、クラブのせいじゃない。星付きレストランの料理を定食屋の値段で食べられるなら、みんなはどうする? これはイタリアの政治とイタリアのカルチョの重大な責任だ」

●インテル関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル第一弾】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル始めました よろしくお願いいたします!】  カルチョイズムでアパレルを始めることになりました。その第一弾として、カットソーが誕生したので、詳しく説明...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる