殊勲のペリシッチ「1-2のときも優勝を信じていた」セリエAも諦めず

契約延長については多くを語らず

インテルは11日、コッパ・イタリア決勝でユヴェントスと対戦し、延長戦の末に4-2で勝利した。イバン・ペリシッチが『メディアセット』でこのゲームを振り返っている。

2ゴールを決めた以外にも完璧なパフォーマンスを見せたペリシッチは、この一戦のヒーローの一人。試合を振り返って次のように語っている。

「1-2で負けているときも僕は勝てると信じていた。僕たちは勝てるはずだって思っていたよ。うまくいかなかった10〜15分間があったけど、僕たちは前を見て戦った。最終的にはこの結果にふさわしいゲームができたと思っている」

ペリシッチはカンピオナートのタイトルも諦めていない。

「強いチームはリーダーが出てきやすいもので、勝ったときは疲れもない。あと2つの決勝戦が残っている。全部出し切らないとね。だって、カルチョは何でも起こり得るんだ。全部出し切って、あとは信じて待つだけだよ」

また、自身の契約延長についても問われている。

「いまの時点で話すことはできない。マロッタは合意が近いと言っていた? 主要選手とは最後に話し合ったりしないものだし、最後の瞬間まで待ち続けるわけでもない。それもまた真実だね」

インテルは11年ぶり8度目のコッパ・イタリア制覇。今季はスーペルコッパに続いて2つめのタイトルとなっている。

●インテル関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル好評です!】  カルチョイズムでアパレルを始めました。新作も準備中ですが、第一弾のカットソーは現在も好評販売中です! ●アパレル始動! カルチョイズム...
[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!