5/20 アパレル第2弾!

インテル、左ウイング補強に新候補 エンポリのパリージに注目

目次

ユヴェントス後にミーティング

インテルがエンポリのファビアーノ・パリージに興味を持っているという。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が11日に伝えた。

インテルは今冬のメルカートでの最重要課題が左ウイングの強化と言われている。これまでにリュカ・ディニュ、フィリップ・コスティッチ、ラミ・ベンセバイニの名前が報じられてきたが、その中にパリージも加わったようだ。

この中で、ディニュの獲得はすでにほぼ消滅したと言われている。インテルは、完全移籍オプション付きのレンタルでしか獲得を望んでいないため、どの交渉も簡単ではなさそうだ。

いずれにしても、インテルはユヴェントス戦のあとでメルカートについて首脳陣でミーティングを行う予定とのことだ。

●ペリシッチ残留は困難?

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる