ハンダノビッチ批判を解説するカステラッツィ「渋滞が目に入ったはず」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パフォーマンス低下が指摘される守護神を先輩が擁護

かつてインテルのゴールマウスを守ったルカ・カステラッツィが、『インテリスタ』のインタビューでGKサミル・ハンダノビッチについて語った。

ハンダノビッチは第2節のエラス・ヴェローナ戦で失点に直結するミスがあった。ティフォージの信頼は揺らいでいるところで、第3節サンプドリア戦でも厳しい声が相次いでいる。その中でも多いのが、ハイボールに対して前に出ないという指摘だ。サンプドリア戦ではそういった指摘が噴出しており、、印象は決して良くなかった。

●インテル、守護神ハンダノビッチの出番減少も? 控えGKラドゥへの信頼高まる

これについて、カステラッツィは次のように述べた。

「相手がボールをあげてくると、GKは自動的に前に出られないかと考えるものだ。特にボールがゴールエリアに落ちるようなときはね。ハンダノビッチだって考えたさ。で、たぶんだけど、“渋滞”が目に入った。だから、敵・味方との接触に入っていかないことを決めたのだろう」

「彼の前には、高さのあるCBがいる。そして、ゴール前は大混雑だ。決断の時間はほとんどないが、その中で正しい判断を求められる。そうやって出ないという決断をしたと思うよ。ゴール前が渋滞していると、一歩下がって何が起きるかを見ることもある。だから、不運とも言えるんだ」

「彼を代えるという議論は役に立たない。でも、ハンダは常に冷静で、周囲に影響されない。そしてカピターノだ。来シーズンにどうなるかまで考えちゃいないだろう。彼の年齢を考えると、クラブが将来を見据えるのは当然のことだよ」

インテルはハンダノビッチの後継者として、アヤックスのGKアンドレ・オナナを候補に挙げていると言われている。

「オナナは良い機会だと思う。もうすぐ契約満了だからね。ムッソは今夏、2000万ユーロでアタランタへ行ったし、ヨーロッパで新たな人材を探そうと思ったら、もっと大金が必要になるだろう」

●アンドレ・オナナを狙うインテル