ロベルト・カルロス「ハキミはカフー。サネッティは最強。マイコンは…」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

かつてインテルでプレーした元ブラジル代表のロベルト・カルロス氏が、ピエルルイジ・パルド記者のTwitchに出演した。『FcInterNews』がその様子を伝えている。

インテルは現在、アクラフ・ハキミの放出が佳境を迎えている。数日中にパリ・サンジェルマンからの新たなオファーが届くと言われているところだ。

ハキミについてロベルト・カルロス氏は、「カフーのようだ」と称賛している。

ハキミ争奪戦はPSGがリード

インテルの右サイドについて同氏は、「サネッティは私が見た右サイドバックで最強の一人」と現副会長を称えると、同胞のマイコンについては「彼はただのサイドバックじゃない。全てだったよ」と述べている。

また、ロベルト・カルロス氏は「イタリアはヨーロッパで最も美しいカルチョをしている。インテルでの一年は素晴らしかった。モラッティさんとティフォージに感謝しているよ」と、昔を振り返った。

マイコンはサン・マリノのトレ・ペンネに加入