インテル、夏キャンプは若手たくさん? ベテラン放出で若武者集結か

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

『トゥットスポルト』は18日、インテルの今後のメルカートを予想した。『FcInterNews』が伝えている。

スポンサーリンク

外にいるエキスパートは戻ってこず

インテルは17日、オークツリー・キャピタルマネジメントからの融資を受けることに前進したと報じられ、大きな前進があったとみられる。ただ、これがインテルの夏の動きを変えることはなく、引き続き、経費削減に動く予定だ。

まずインテルは、ジョアン・マリオラジャ・ナインゴランダウベルトバレンティーノ・ラザロといった、他クラブにレンタルしている選手たちを手放すために動く。

その上で、ラウタロ・マルティネスに対するレアル・マドリーの関心や、アレッサンドロ・バストーニに対するマンチェスター・シティの関心にも耳を傾けなければいけないようだ。

合宿の目玉たち

そして、プレシーズンキャンプの注目は、若者たちとなるかもしれない。

まず、フェデリコ・ディマルコがエラス・ヴェローナへのレンタルから戻ってくる。さらに、ヨヌーツ・ラドゥのかわりにマルコ・シルヴェストリがチームに加わりそうだ。さらにGKはダニエレ・パデッリの契約満了で退団濃厚。そこで、プリマヴェーラからデヤン・スタンコビッチの息子であるフィリップ・スタンコビッチが引き上げられそうだ。

サルチェドはピナモンティの後釜か

スタンダール・リエージュにレンタル中のジーニョ・ファンフースデンと、モンツァへレンタル中のロレンツォ・ピローラも夏に一度合流となる。前線では、セバスティアーノ・エスポジトよりもエディ・サルチェドが優先となりそうだ。

ファンフースデンはスタンダール残留という報道も

ルシアン・アグメについては、まだ不透明。こちらはバイエルン・ミュンヘンなどが才能を高く評価しており、「検討すべき」スーパーオファーがあるかもしれないとのことだ。

アグメには以前からバイエルンが関心