インテル、ベルギー代表若手DFの復帰はなし。買い戻しオプション行使せず

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは、DFジーニョ・ファンフースデンを連れ戻さないことを決めたようだ。『FcInterNews』が9日に伝えている。

2015年にインテルの下部組織に入ったファンフースデンは、現在21歳。2018年にスタンダール・リエージュにレンタルで復帰し、その後完全移籍に切り替わった。

ただ、この完全移籍の際にインテルは非公式な買い戻しオプションを付けている。その額は1500万ユーロ。だが、やはり今のインテルにこの額は用意できないため、このオプションは行使されないことになった。スタンダール側にその意思を伝えたとのことだ。

2020/21シーズンのファンフースデンはシーズン序盤から定位置を確保したが、11月に前十字じん帯を負傷。まだ復帰できていない。

アレクサンダル・コラロフがクラブを去ることになる見通しのインテルは、モンツァで経験を積んだロレンツォ・ピローラの復帰で補強する意向だが、まだ不確かなことが多いため、こちらは先が読みにくい状況だ。